KUTVニュース

高知県勢初!Jクラブに勝利 高知ユナイテッドSC天皇杯1回戦突破

高知のサッカーの歴史にまた新たな1ページが刻まれました。サッカー天皇杯で、高知ユナイテッドSCがJ3カマタマーレ讃岐に1対0で勝ちました。県勢チームがJリーグチームを破るのは初めての快挙です。

きのう行われたサッカー天皇杯一回戦。宿毛市総合運動公園陸上競技場には、465人のサッカーファンが駆け付けました。高知ユナイテッドSCの一回戦の相手は香川代表でJリーグJ3所属のカマタマーレ讃岐。Jリーグチームとの対戦ですが、高知ユナイテッドSCは前半から臆することなくアグレッシブなサッカーを展開します。

0-0で迎えた後半も攻撃の手を緩めません。迎えた後半10分。西村光司からのパスに藤井!

その後、高知ユナイテッドSCはチーム一丸となってこの1点を守ります。後半15分には、ゴールキーパー池上がスーパーセーブ。

そして・・・

Jリーグチームから県勢初の勝利を収め、高知のサッカーの歴史にまた新たな1ページが刻まれました。

「最近のアグレッシブさが出てよかった。ゴールの瞬間ですか?めっちゃうれしかったです。」(ファン)

会場にはサッカー少年たちが観戦に訪れ、子どもたちにも希望を与えました。

「高知ユナイテッドSCが勝ってよかった。(Q.ゴールの瞬間は?)すごかった迫力があった。パスを正確にできる選手になりたい。」(サッカー少年)

「決勝ゴールはサッカー人生で初めてなので素直にうれしい気持ちでいっぱい。チームとしても勝てたしディフェンダーとしても失点0に抑えたので気持ちいい試合になった。」(決勝ゴールを決めた 藤井義治選手)

「新しい歴史、ページを作ってくれた選手たちにおめでとうと言いたい。この結果を知った県民によかったねと言ってもらえるのが一番。よかったです、地元でやれて。」(西村昭宏監督)

高知ユナイテッドSCは来月9日に行われる予定の天皇杯2回戦で、J1徳島ヴォルティスと対戦します。