KUTVニュース

高知県仁淀川町で集団接種始まる

高知県内各地で高齢者を対象にした新型コロナのワクチン接種が進む中、きのう仁淀川町でも集団接種が行われました。

集団接種は閉校した中学校で472人の高齢者を対象に行われました。仁淀川町では今月20日から集団接種を開始しましたが、大規模な接種は今回が初めてです。会場に来る手段がない高齢者も多く、町は臨時のバスを出したり、タクシーの費用を負担したりするなどして送迎を行いました。

接種には町内4つの医療機関が協力。会場を色分けすることで導線をわかりやすくしたほか、問診の内容の確認を医師がする前に保健師がするなど、スムーズな接種が行えるよう工夫されていました。

「天気が心配でしたがきわめて順調です。日頃から医療機関と連携しているのでこのような形で集団接種が可能となった」(仁淀川町保健福祉課 片岡信博 課長補佐)

仁淀川町ではこれまでに町内の高齢者の31%にあたる1081人が1回目のワクチンの接種を終えています。町は集団接種を来月27日まで行い、できるだけ早く高齢者の接種を完了させたい方針です。