KUTVニュース

土佐清水市長選 現職が接戦制し3選

きのう投票が行われた高知県土佐清水市長選挙は即日開票の結果、現職の泥谷光信氏が新人を僅差で破り3期目の当選を果たしました。

任期満了に伴う土佐清水市長選挙は泥谷光信・4283票、中山義介・4013票で、現職の泥谷氏がわずか270票差で3期目の当選を果たしました。

泥谷氏は62歳。2013年に初当選し、「公共施設の高台移転や竜串再開発など2期8年の実績を掲げた上で、足摺岬の再整備を進め産業振興を図る」などと訴えてきました。

「まさかこんな接戦になるとは思ってもおりませんでした。ほんとに私への批判と受け止めてまたあしたから、謙虚に結果に向き合いながら頑張っていきたいと思います。」(3期目の当選を果たした泥谷光信氏)

投票率は73.12パーセントで、前回を1.04ポイント下まわり、過去最低となりました。