KUTVニュース

夜遅くからあす朝にかけて大雨の恐れ

高知県内ではきょう夜遅くからあす朝にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。気象台は低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水に注意・警戒するよう呼びかけています。

低気圧や梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、県内では大気の状態が非常に不安定となる見込みです。このため県内では、きょう夜遅くからあす朝にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあります。

予想される1時間雨量はいずれも多いところで、きょうは中部・東部で50ミリ、西部で40ミリ。あすは中部・東部で60ミリ、西部で50ミリ。あす朝6時までに予想される24時間雨量はいずれも多いところで中部・東部で250ミリ、西部で200ミリです。

前線の活動が予想より活発になった場合は、警報級の大雨となる可能性があります。気象台は低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水に注意・警戒するとともに、落雷、竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。