KUTVニュース

人形に感謝 高知市で供養祭

家の中で子どもたちの成長を見届けてきた人形を供養する神事が高知市で執り行われました。

人形供養祭は県内の若手神職でつくる「県神道青年会」が毎年行っています。供養祭には勇ましい5月人形や色鮮やかなひな人形、それにぬいぐるみなど500体が県内から寄せられました。神事では、人形の魂をぬいたあと竹で組まれた炉で焚き上げていきました。子どもの成長を見とどけてきた人形にはその子どもの身代わりをする役目があるといわれていて、役目を終えたあとはそのまま家庭に置かれていることが多いということです。

きょうは、人形店に勤める人も参加し、感謝と慰労を込めて供養していました。供養に寄せられた浄財は県内8つの児童養護施設に寄付されるということです。