KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で新たに6人感染確認

新型コロナをめぐり、高知県内で新たに6人の感染が確認されました。いずれもすでに感染が確認されている患者の濃厚接触者や、患者との接触があった人です。

新たに感染が確認されたのは高知市と幡多福祉保健所管内の10歳未満から70代までの男女6人です。いずれもすでに感染が確認されている患者の濃厚接触者や、患者との接触があった人で、症状は軽いということです。このうち飲食店を経営する高知市の30代の女性は、今月9日に発熱などの症状が出て翌日、陽性と判明しました。すでに感染が確認されている高知市の30代の女性と接触があったということです。経営する店でアルバイトをしている高知市の30代の男性と小学生の息子も感染が確認されています。また、クラスターが発生した高知市のスポーツ教室を経営する男性の別居の親族で、大月町議会議員の70代男性と妻の70代女性の陽性も確認されています。

県内では38人が医療機関に入院していて、3人が重症、4人が酸素投与が必要な中等症となっています。県は対応の目安を「警戒」とし、発熱やせきなどの体調不良を感じたときは、早めに受診するよう呼びかけています。