KUTVニュース

目で安全確認 高知市の小学校が「横断歩道アイ’ズ宣言」指定校に

高知市の小学校が、自らの「目」で安全を確認し交通ルールを守る取り組みを積極的に行うモデル校に指定されました。

車が横断歩道にさしかかった時、ドライバーと歩行者が互いに「目」を合わせて交通ルールを守る「横断歩道アイ’ズ宣言」。高知南警察署が歩行者の交通事故防止を目的に去年10月から始めました。

高知市の横浜小学校では去年一年間、児童の交通事故がなかったことから、取り組みを積極的に行うモデル校に初めて指定されました。きょうは高知南警察署の室津康博署長から、校長と児童の代表に指定書と委嘱状が手渡されました。この後、児童たちがさっそく「横断歩道アイ’ズ」を実践し、交通安全への意識を高めていました。

「合図をこれからもやっていきたい。」
「車が止まってくれたらお礼をする。」(児童)

高知南警察署は今後もモデル校を増やす方針です。