KUTVニュース

高知県内文化施設に傷つけた疑い 加藤被告広島県警も逮捕へ

高知県内の博物館に傷をつけたとして起訴されている48歳の男が、広島県福山市鞆地区の文化財が傷つけられた事件に関与した疑いが強まったとして、広島県警は、男をきょうにも逮捕する方針を固めました。

ことし1月、広島県福山市の鞆地区で国の重要文化財になっている「太田家住宅」や、国の登録有形文化財の「いろは丸展示館」など複数の文化財で、ひっかいたような傷が見つかっていました。警察は、福山市などからの被害届を受けて捜査していましたが、高知城歴史博物館の扉などに傷をつけたとして起訴されている、愛知県の加藤丈晴被告が関与した疑いが強まったとして、きょうにも文化財保護法違反などの疑いで逮捕する方針を固めました。

加藤被告は、これまでに岡山城や松山城でも文化財を傷つけたとして逮捕送検されていました。