KUTVニュース

新型コロナ 1人死亡 新たに14人感染確認

新型コロナをめぐり治療を受けていた高知市の90代女性が死亡しました。また新たに14人の感染が確認されました。高校のバレーボール大会をめぐる感染がさらに広がっています。

新たに感染が確認されたのは10代から40代までの男女14人です。このうち6人が、高知県高校バレーボール春季大会に出場した宿毛高校、土佐女子高校、明徳義塾高校の女子部員です。バレーボール大会のクラスターでは教諭1人、5つの高校の部員18人が感染したことになります。また、感染が確認された教諭と大会後に会食をした高知警察署の男性警察官と女性会社員も感染が確認されました。2人とも大会の協力者として運営に携わっていたということです。このほか高知南高校では女子バスケットボール部員5人の感染も新たに確認され、クラスターとなりました。すでに感染が確認されている女子バレーボール部員と食事をした部員がいるほか、今月24日と25日に香川県に練習試合に行っていたということです。

ところで、クラスター発生の高齢者施設で感染が確認され治療中だった高知市の90代女性が、きのう午後死亡し、県内での死者は20人となりました。感染確認は1040人で、3人が重症、2人が酸素投与が必要な中等症となっています。

県は対応の目安を警戒とし引き続き感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。