KUTVニュース

春の叙勲 高知県関係44人が受章

春の叙勲が発表され、高知県関係では44人が受章しました。

顕著な功績をあげた人に贈られる「旭日章」には、県内在住の10人と県出身で現在外国で暮らしている2人が選ばれました。

このうち「旭日双光章」を受章したのは元安田町長の有岡正幹さん、元高知市議会議員の江口喜子さん、元北川村長の大寺正芳さんら9人です。

長年にわたり功労を積み重ねた人に贈られる「瑞宝章」には県内在住の24人をはじめ、32人が選ばれました。このうち「瑞宝中綬章」には元科学警察研究所長の橋本良明さん。「瑞宝小綬章」は元高松地方裁判所事務局長の坂本都司夫さん、元公立高校の校長・竹田陽さんと茶畑洋介さん、元高知県理事の畠中伸介さん、元高知県健康政策部長の坂東隆志さんがそれぞれ受章しています。