KUTVニュース

あすからGW 公共交通機関の予約状況は「少」

あすから最大7連休のゴールデンウイークですが、鉄道・航空の予約状況は新型コロナウイルスの影響で伸び悩んでいます。

全日空の予約状況は、羽田便・伊丹便ともにあすから来月3日まで20%から50%台ですが、その後は9割近く予約が埋まっている便もあるということです。

日本航空は来月5日までの連休中、羽田便で30%福岡便で50%ほどの予約状況となっていますが、便によっては7割近く予約が埋まっているということです。

航空各社は新型コロナの影響で減便の措置をとっているため、最新の運行状況や予約状況は、ホームページなどで確認してください。

鉄道です。岡山と高知を結ぶJRの特急列車「南風」は、高知発の上り列車が7%から18%、岡山発の下り列車が8%から23%の予約状況となっています。

航空・鉄道とも、新型コロナがまん延する前はほぼ満席という状況でしたが、去年に続きコロナ禍で迎えるゴールデンウイークは依然として予約が伸び悩んでいます。

利用客からも連休中は自粛するという声が聞かれました。

「コロナが怖いので家で映画観たり、本読んだり、出歩かないように、家でゲームしたり…出たとしても家の近所の公園とかそんな感じで過ごすしかない」(利用客)

ところでゴールデンウイーク期間中の高速道路の利用に関して、ネクスコ西日本は去年に続きETC「休日割引」を適用しないこととしました。新型コロナ感染拡大防止のため、不要不急の移動は控えるよう呼びかけています。詳しくは、ネクスコ西日本のホームページなどでご確認ください。