KUTVニュース

春の褒章 高知県関係6人受章

春の褒章の受章者が発表されました。高知県関係では6人が受章します。

農業、商業、工業などの分野で模範となるような人に贈られる黄綬褒章には吉良川炭工房の代表・仙頭博臣さんと土居建設代表取締役・土居三平さんが選ばれました。

社会福祉などで優れた業績をあげた人に贈られる藍綬褒章には、四万十市の保護司・野元道子さんと本山町の保護司・藤島周三さん、元日本種苗協会副会長・前川穎司さんの3人が選ばれました。

また、県出身で東京工業大学名誉教授の西森秀稔さんが学術・スポーツ、芸術文化の分野で優れた業績をあげた人に贈られる紫綬褒章を受章しました。