KUTVニュース

高知県立坂本龍馬記念館など傷つけた罪 愛知県の男を起訴

高知県立高知城歴史博物館の扉などに傷を付けたとして高知地方検察庁はきょう愛知県の男を建造物損壊などの罪で起訴しました。

起訴されたのは愛知県清須市の無職 加藤丈晴被告(47)です。起訴内容によりますと加藤被告は去年12月、県立高知城歴史博物館の出入り口の扉に傷を付けた建造物損壊の罪と、県立坂本龍馬記念館の展示物の壁などに傷を付けた器物損壊の罪に問われています。高知地検は「公判に支障がある」として加藤被告の認否を明らかにしていません。加藤被告はこれまでに岡山城や松山城などにも傷を付けたとして逮捕・送検されていました。

県内では高知城の天守閣などでも同じような傷が見つかっていて、県警は加藤被告との関連も視野に捜査を続けています。