KUTVニュース

新型コロナ7人の感染確認 高齢者施設でクラスター

新型コロナをめぐって高知県内ではきょう、7人の新たな感染が確認されました。高知市の高齢者施設ではクラスターが発生しています。

感染が確認されたのは高知市の高齢者施設の入所者と職員、さらに、この施設の職員の母親合わせて7人です。感染が確認された施設の入所者は18人で、2つのグループに分かれて生活しています。職員2人は、4月14日に悪寒や咳、のどの痛みを訴え、その後の検査で陽性が確認されました。今回職員2人の感染が確認された高齢者施設で、接触者として9人の入所者と職員6人のPCR検査が実施され、そのうち60代から90代までの女性4人の陽性が確認されました。また、女性職員と住まいを別にしている母親も濃厚接触者としてPCR検査を受け陽性が確認されています。この母親の同居家族5人と仕事関係1人が濃厚接触者および接触者としてPCR検査が予定されています。県内クラスターの発生は19例目で、高齢者施設では4例目です。

また、きのう感染が確認された高知市立初月小学校の女性職員の濃厚接触者3人は、PCR検査の結果全員陰性が確認されています。