KUTVニュース

高知県本山町で高齢者が車にはねられ死亡

きょう未明、高知県本山町の国道の交差点を歩いていた男性が軽乗用車にはねられ、死亡しました。警察は軽乗用車を運転していた男を逮捕し、事故の原因を調べています。

事故があったのは、本山町本山の国道439号の交差点です。高知東警察署の調べによりますと、けさ4時50分ごろ交差点を歩いていた男性が、走ってきた軽乗用車にはねられました。この事故で近くに住む89歳の和田節さんが、全身を強く打ち、およそ1時間後に死亡しました。交差点には信号機があり、事故当時は黄色の点滅だったということです。

警察は、軽乗用車を運転していた高知市神田の会社員松浦健一容疑者(42)を過失運転傷害の疑いで逮捕。その後、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の原因を調べています。