KUTVニュース

国へのコロナ支援 要望へ

高知県宿毛市では県内11市の市長が集まる会議が開かれ、新型コロナワクチンの接種体制の確保などを国などに要望することを申し合わせました。

県市長会は春と秋の年2回開かれ、春は、四国市長会を通じて国への要望を、秋は県への要望を取りまとめ提出します。

きょうの会議では各市長から新型コロナワクチンの接種体制の確保や影響を受けた事業者への支援、観光振興対策の拡充。南海トラフ地震対策として災害拠点病院の高台移転や緊急輸送ルートの確保。四国8の字ネットワークの早期実現などの要望が出され、承認されました。

要望は12項目に取りまとめた上で、四国市長会に提出されます。このほか、参議院議員選挙の合区を解消するよう選挙制度の改革を求める要望案が決議されました。