KUTVニュース

高齢者のワクチン 時期によっては集団接種も視野に

高知市は、一般高齢者へのワクチンをめぐって、個別接種で始める方針です。一方でワクチンが大量に供給される時期に入れば集団接種も検討していることを明らかにしました。

高知市の岡﨑誠也市長は、きょうの会見で、ワクチン接種のスケジュールについて改めて発表しました。高知市では、一般高齢者について、今月23日から予約の受け付けが、その後早ければ来月6日から接種が始まります。市は医療機関などでの個別接種から始める方針ですが、場合によっては集団接種も検討していることを明らかにしました。

「6月以降本格的に、ある意味どっとワクチンが入ってくる。一般の接種と高齢者の接種が重なる可能性は十分ある。そういう時は集団接種も考えていかなければならない」(高知市 岡﨑誠也市長)

高知市には、今月末から来月のはじめにかけて、1万3000人分のワクチンが届く見込みです。市は、接種の予約について混乱を避けるため、できるだけORコードによるスマートフォンでのインターネット予約を利用してほしいと呼びかけています。