KUTVニュース

新型コロナ 新たに1人感染確認

新型コロナをめぐり、高知県内で新たに1人の感染が確認されました。県内での感染確認は5日ぶりで、感染経路は分かっていません。

新たに感染が確認されたのは高知市に住む30代の男性会社員です。男性は今月9日から咳や発熱、けん怠感などの症状が出始め、きのう医療機関でのPCR検査で陽性が判明しました。男性は軽症で、感染経路は分かっていません。同居の家族3人と、食事を共にした別居の親族3人が濃厚接触者として検査を受けています。男性は仕事中マスクを着用し、1人で昼食を取っていたことから、県は「職場での濃厚接触者はいない」とみています。

県内で入院治療を受けている患者は15人、1人が重症です。県は対応目安のステージを「警戒レベル」としていて、まん延防止等重点措置の対象となっている宮城、東京、京都、大阪、兵庫、沖縄への往来は必要最小限とするほか、会食に関しては可能な限り規模を縮小するよう呼びかけています。