KUTVニュース

強制わいせつ事件 元教員に実刑判決

去年8月、10代の男性にわいせつな行為をした罪に問われていた中学校教諭に対し、高知地方裁判所は、懲役1年6か月の実刑判決を言い渡しました。

判決を受けたのは、高知市九反田の中学校教諭、岡村篤被告(32)です。判決によりますと、岡村被告は去年8月、寝ていた10代の男性に2回にわたってわいせつな行為をした罪が認められました。

きょうの裁判で吉井広幸裁判官は、被告の犯行を「執拗かつ悪質」と指摘。そのうえで被告が弁償金の支払いを申し出たものの、被害者が受け取りを拒否していることから、「慰謝の措置が取られたとは認めがたく、実刑は免れない」として、懲役1年6か月の実刑判決を言い渡しました。