KUTVニュース

高知県四万十市で接種券発送作業始まる

高齢者を対象にしたワクチン接種券の発送作業が各自治体で進んでいます。このうち高知県四万十市ではきょうから始まり、第1陣は65歳以上の高齢者で福祉施設の利用者や入院患者が対象です。

四万十市には新型コロナワクチンが今月19日の週におよそ500人分、26日の週に同じくおよそ500人分が届く見込みです。市では、きょうから高齢者向け接種券の発送を始めました。封筒の中身は接種券や体調を記入する用紙、注意書きなどで、対象は、65歳以上の福祉施設の利用者と入院患者、合わせておよそ1000人です。接種はそれぞれの施設で行われます。在宅の高齢者、およそ1万1600人には今月20日に接種券を発送する予定です。

「市民のみなさん全員が、接種を希望する人が受けることができるように体制を順次、整えていきたいと思います。接種権が自宅に届いたら中身を確認して予約をお願いします。」(四万十市 健康推進課 ワクチン接種推進係 永田佳久係長)

四万十市は今月26日の週から施設や病院合わせて25か所でワクチン接種を始めたい考えです。