KUTVニュース

新型コロナ 新たに8人感染確認

高知県内で新たに8人の新型コロナ感染が確認されました。いずれもすでに感染が確認されている人の接触者または濃厚接触者です。

新たに感染が確認されたのは高知市と中央東、中央西福祉保健所管内の10歳未満から50代までの男女8人で、いずれも症状は軽いということです。このうち中央西福祉保健所管内の6人はすでに感染が確認されている30代男性の親族で、同じ敷地の別棟で暮らしていて、食事をともにするなどの交流があったということです。高知市の20代の男子大学院生は県外に帰省した際、接触のあった親族の陽性が判明していました。また、中央東福祉保健所管内の20代の女子大学生はすでに感染が確認されている高知市の20代女性会社員と先月下旬、同じ車で九州に旅行に行っていたということです。

県内で入院治療を受けている患者は36人、1人が重症で、1人が酸素投与が必要な中等症です。

県はおととい、対応目安のステージを「警戒レベル」に引き上げ、まん延防止等重点措置の対象となっている宮城、大阪、兵庫への往来は必要最小限とするほか、会食に関しては可能な限り規模を縮小するよう呼びかけています。