KUTVニュース

高知ファイティングドッグス グッズ販売で開幕PR

高知ファイティングドッグスの選手たちが今月9日からのホーム開幕3連戦を前に、県庁などでグッズ販売を行いました。グッズの販売は、大勢の人たちに試合を見てもらいたいと毎年ホーム開幕戦を前に実施されています。

きょうは吉田豊彦監督を含む31人が、5つの班に分かれ県庁やスポンサー企業などを訪問。今年からチームのロゴが新しくなったため、販売したのはほとんどが新商品です。

サンフォ・ラシィナ主将や吉田豊彦監督らは、チームオリジナルのカレーやキャップ、タオルなどを積極的に販売し、ホーム開幕戦をPRしていました。

「昔から頑張っているので応援したい。」(男性)

「新聞などで地域の活動を見ているので、活躍してほしい。」(女性)

「いろんな人に応援してもらっていると改めて感じた。期待を裏切らないよう頑張る。」(サンフォ・ラシィナ主将)

去年のグッズ販売では1日で103万円を売り上げた高知ファイティングドッグス。今年も100万円超えが目標で、売り上げはチームの運営費に充てるということです。

ファイティングドッグスは今月9日(金)から高知市野球場で愛媛マンダリンパイレーツとの ホーム開幕3連戦に臨みます。