KUTVニュース

子どもたちが騎手と田植えで交流 高知・南国市

きのうの雨から一変、きょうは青空が広がりました。ですが、少し冷たい風が時折強く吹く1日でしたね。こんな中、南国市では高知競馬の騎手と子ども達が田植えを行い、交流を深めました。

田植えを体験したのは高知市子ども劇場の子どもたちと高知競馬に所属する騎手合わせておよそ40人です。去年、地方競馬4000勝の偉業を達成した赤岡修次騎手や今度の土曜日=10日にデビューを控える岡遼太郎騎手らレジェンドから新人騎手までが田植えに参加しました。

「しっかりしてる子も多かった。今週のデビューについて1勝でも多く勝ちたい」(岡騎手)

子どもたちと騎手の田植えは赤岡騎手が行う社会貢献活動の一環で始まり、今年で9回目を迎えます。子どもたちは少し冷たい風が時折強く吹く中、懸命に苗を植えていきました。

きょう植えた苗は8月に再び子どもたちと騎手が一緒に収穫する予定です。