KUTVニュース

行政・産業デジタル化へキックオフ

行政サービスや産業のデジタル化を進めようと県の幹部職員による一回目の会議が開かれ、取り組みの進め方や目指す姿が報告されました。

デジタル化の推進は、県が今年度進める政策の重点ポイントとなっています。行政サービスだけでなくそれぞれの産業分野でもデジタル化が進められることになっていて、きょうは幹部職員による一回目の会議が開かれました。デジタル化をめぐっては、例えば農業分野では生育情報などのクラウド化、水産業分野では人工知能=AIの活用などがすでに進められています。会議ではこれに行政サービスも含めた新たな「デジタル化推進計画」が示され、県民サービスの向上、課題解決と産業振興、行政事務の効率化という3つのビジョンが共有されました。

二回目の会議は7月ごろに開かれる予定で、計画の具体的な数値目標が示されることになっています。