KUTVニュース

新型コロナ8人感染確認 「警戒」へ

新型コロナをめぐり新たに8人の感染が確認されました。また、3月29日からきのうまでに感染が確認された13人が、変異ウイルス検査で陽性だったことがわかりました。県は対応の目安を警戒に引き上げました。

新たに感染が確認されたのは10代から50代までの男女8人です。いずれも軽症で、3人の感染経路が分かっていません。

このうち高知市の20代女性は南国市の幼稚園教諭ですが、園児と直接的な接触はなく、南国市によりますと職場に濃厚接触者はいないということです。

残りの5人はすでに感染が確認された県内の患者と、県外で陽性が確認された患者の濃厚接触者です。県内では21人が医療機関に入院していて2人が重症となっています。県は対応のステージを警戒に引き上げ、県外への往来についてはまん延防止等重点措置の対象となっている宮城、大阪、兵庫への往来は必要最小限とするほか、会食に関しては可能な限り規模を縮小するよう呼びかけています。

また、先月29日からきのうまでに感染が確認された13人が、変異ウイルス検査で陽性だったことがわかりました。県内での変異ウイルス確認はこれで16人となりました。