KUTVニュース

ヤギ牧場 ベビーラッシュで大忙し 高知・南国市

高知県南国市のヤギ牧場でベビーラッシュです。200匹あまりの赤ちゃんヤギが次々と誕生し、牧場は大忙しです。

ベビーラッシュを迎えているのは、南国市の「川添ヤギ牧場」です。ヤギは春先に出産を迎える動物です。牧場では2月の初めごろから出産が始まり、今がピーク。ここ2か月足らずで、およそ200匹の赤ちゃんヤギが生まれにぎやかです。こちらは、きのう生まれたヤギです。

「ちっちゃい!かわいい!あったかくて、毛並みもしっかりしている。ふわふわ・・・」(久保田アナウンサー)

多くの赤ちゃんが生まれたため、牧場は園芸用のプランターを改良して作った特製の哺乳器で1日2回、赤ちゃんにミルクを与えています。お腹がいっぱいになるとすぐに昼寝をする赤ちゃんヤギの姿も。

「川添ヤギ牧場」はヤギのミルクなどを出荷しています。ミルクは濃厚な味とともに栄養面などが評価されここ数年、需要が高まっていて、牧場は年を追うごとに事業を拡大。今年は、去年の倍近い350匹の赤ちゃんが生まれる見込みで、ベビーラッシュの今、大忙しです。

「今が一番忙しくて大変な時期です。たくさんかわいい子が生まれてうれしい発育もいい。」(川添ヤギ牧場スタッフ 鈴木理紗さん)

ヤギの出産は、5月いっぱいまで続くと見られていて、牧場はさらににぎやかになりそうです。