KUTVニュース

個性が光る組紐・組物を展示

さまざまな素材を用いた組物の展示会が高知市で開かれています。世界に一つだけの作品の数々からは、作り手の感性がにじみ出ています。

組紐・組物展は組紐サークルのメンバーが作品を見てもらおうと、3年に一度開いています。去年は新型コロナの影響で開催を見送ったため4年ぶりに開かれ、24人の作品が展示されています。さまざまな色合いの組紐のほか毛糸やワイヤー、リボンなどさまざまな素材を用いた組物も多くあります。作り手の発想力や独創力、個性が光るバラエティ豊かな作品の数々です。

「同じ組み方でも色を変えると全く違うので同じ物がない。私たちはいつもいろんな素材を使うからいろんな物が展示できるので見て頂ければ。」(組紐サークル 岡本睦子代表)

組紐・組物展は高知市文化プラザかるぽーとで今月28日まで開かれています。