KUTVニュース

災害時に車から電力供給 高知県須崎市と自動車販売会社が協定

からふるではつなぐ、つながると題し高知県内での防災の取り組みについてお伝えしています。災害時に停電が発生した場合、行政施設や避難所に家庭用のコンセントが装備された車を貸し出し、電力を供給しようと、県内の自動車販売会社が、須崎市と協定を結びました。

須崎市と協定を結んだのは、県内の自動車販売会社「高知トヨペット」です。災害時に停電が発生した場合、市の要請を受けて、高知トヨペットは家庭用コンセントがついた車を貸し出し、電力を供給します。高知トヨペット須崎店には、家庭用コンセントが装備されたハイブリッド車が2台常備されています。最大で1500ワットの電力の供給が可能で、電子レンジや電気ポットなども使用できるということです。災害時にはこの車が避難所に指定されている行政施設や公民館などに向かい、避難生活や連絡手段の確保などに一役買うことになります。

「地域に対して何か役に立てることはないかと、様々な課題がある中で(解決の)お手伝いができるのではないかと、今回の協定を結ぶことになりました。」(インタ高知トヨペット 西山正晃社長)

高知トヨペットと須崎市は、防災面だけでなく、電気自動車の出前授業など、教育面での連携も視野に入れているということです。