KUTVニュース

高知大学 来年度から対面授業増やす方針

高知大学は来年度の学校運営について、対面授業を増やしていくことや入学式の規模を縮小することなどを発表しました。

「今度の一学期からは対面授業を増やす。入学してもキャンパスに入れない学生もいた。そういう状況は避けたい」(高知大学 岩崎貢三理事)

きょう開かれた定例記者会見で高知大学の岩崎貢三理事は来年度、対面式の授業を増やしていく方針を示しました。また、新型コロナの影響を受けた学生を支援するために集めている募金については今年1月末までにおよそ800万円が集まったと発表。今後も、大学の財源だけでは学生への支援は難しいとの認識を示し、引き続きの協力を求めました。

一方、来月予定している入学式については、保護者や関係者の出席は見送り、学部・学科ごとに4日間に分けて行うということです。