KUTVニュース

四国観光キャンペーン カウントダウンボード設置

10月から始まる四国の大型観光キャンペーンを前に、JR高知駅にカウントダウンボードが設置されました。

「四国デスティネーションキャンペーン」は、4県の自治体やJR6社などが10月1日から始める大型観光キャンペーンです。全国の人たちに旅行の目的地を四国にしてもらうことを目指していて、キャンペーンに関わる人数は国内最大規模だということです。25日、キャンペーンを前にカウントダウンボードの除幕式が行われました。キャンペーンは4年ぶり6回目の実施で、前回は四国内の宿泊者数が前の年に比べ5.8%増加したということです。新型コロナの大きな影響を受ける観光業への追い風となることが期待されます。

「全国から旅行者に来てもらうことによって、大きな経済効果を期待したい。秋のいい時期にたくさんの人が来てもらえるようJRグループ・地元4県含め取り組んでいきたい。」(四国ツーリズム創造機構 六車智和副本部長)

来月1日からはプレキャンペーンとして、テレビコマーシャルやポスター展開などの広告宣伝活動が本格的にスタートします。