KUTVニュース

子どもたちの卒業応援ソング完成

新型コロナで十分な活動ができなかった子どもたちの卒業記念に向けて、高知県出身のクラシックギタリストが子どもたちの思いがぎゅっと詰まった曲を完成させました。

コロナ禍で行事が中止になるなど思うような1年を過ごせなかった子どもたちを元気づけたい。県出身のクラシックギタリスト山下俊輔さんは、今年にはいって、自身が作曲した「未来へ」という曲に、子どもたちが考えた詩をつけるプロジェクトを立ち上げました。その結果、県内23校の小学生510人から詩が寄せられ、山下さんが子どもたちの思いを大切に、明るい未来を描けるような曲に仕上げました。きょうは曲の完成を濵田知事に報告。知事も一緒になって歌いました!

「彼女、彼らが巣立った時にこの曲をぜひ口ずさんでもらいたいし道をこれから子どもたちはつくらないといけない世代この曲を聞くことで一歩踏み出す勇気を持ってもらえたらうれしい」(山下俊輔さん)

今月23日には参加した学校の1つを山下さんが訪れ、卒業式で子どもたちと一緒に合唱することにしています。