KUTVニュース

卒業祝いは「かぶと焼き」 高知・大月町

大月中学校では卒業する3年生の給食にサプライズです。町特産の養殖マグロの“かぶと焼き”がふるまわれました。

こちらが重さ70キロほどあったクロマグロの頭の部分です。大月町では“町の魚”としてマグロを売り出しています。そのマグロをきょうが最後の給食となる卒業生41人に食べてもらおうと学校が企画。

給食の調理場では、2つに切り分けじっくりと焼き上げました。マグロは、全国養殖クロマグロ品評会で「最優秀賞」を受賞したもので大月町橘浦でクロマグロの養殖を手がける「道水中谷水産」からプレゼントされたものです。

生徒たちは香ばしく焼き上がった頭の部分の身を皿に取り分けてさっそくほおばっていました。

また、デザートとして卒業生の菓子職人が作ったケーキも用意され、生徒たちは思わぬご馳走に笑顔があふれていました。