KUTVニュース

“天空の菜の花畑”が満開に 高知・香美市

鮮やかな菜の花の絨毯!青空に映えてきれいですね。こちら高知県香美市香北町に咲く菜の花で、今満開を迎えています。SNSでも注目されているんですよね。標高およそ330メートルにある棚田に菜の花が咲き誇り、町を一望できることから「天空の菜の花畑」と呼ばれているんです。

菜の花は近くに住むお年寄りの夫婦がおよそ20年前に趣味で育て始め、毎年、稲刈りを終えた後に種を蒔いています。その菜の花の種がこちらです。小さいんですね。そうなんです。これが黒くなったら蒔くんです。今年は雨があまり降らなかったため、例年より半月遅れの先月末に満開を迎えたということです。

きょうの県内は朝から気温が上がり、最高気温は四万十市江川崎で21℃、南国日章で今年最高の20.7℃など各地で春本番の陽気となりました。訪れた人たちは菜の花を写真に収めながら春の風情を楽しんでいました。こちらの4人はインスタグラムで菜の花畑を知ったんですって。

「写真よりも広々としていて黄色が鮮やかで癒やされた。」
「写真を4人でいっぱい撮りました。景色がきれいで晴れてよかった。」(訪れた人)

「過疎化しているところで花を植えたのにこんなに人が来てくれるのがいい。みんな励ましてくれる、喜んでくれる。」(菜の花を育てる小松教利さん)

菜の花畑は今月末まで楽しめるということです。