KUTVニュース

新型コロナ 高知県で1人死亡・5人感染確認

高知市の高齢者施設で新型コロナのクラスター感染が発生したことをめぐって、治療を受けていた患者一人が死亡しました。また感染が確認された職員の濃厚接触者となっていた保育園児ら5人の感染が新たに確認されています。

県によりますと、死亡したのは高知市に住む80代の女性です。この女性は、クラスターが発生した高知市の高齢者施設でデイサービスを受けていて、今月1日に陽性が判明。その後、高知医療センターへ入院しましたが、4日になって、症状が重くなり、死亡したということです。また高齢者施設で感染が確認された職員の濃厚接触者となっていた保育園児2人をはじめあわせて4人の陽性が判明。さらには、感染経路不明の70代の男性も陽性であることが分かり、新たに5人の感染が確認されました。

これで県内での感染確認は900人を超えました。