KUTVニュース

四万十川流域にひな人形 高知・四万十町

きょう3月3日は桃の節句です。四万十町の大正地域では「大正浪漫ひなまつり」が始まりました。

ひな人形を展示・公開する「四万十街道ひなまつり」には四万十川流域の4つの町と(四万十町、梼原町、中土佐町、津野町)四万十市の西土佐江川崎地域、愛媛県の2つの町(鬼北町、松野町)が参加しています。

このうち四万十町の大正地域では商店や住宅、事務所など36か所にひな人形を展示する「大正浪漫ひなまつり」が始まりました。初日のきょうは着物姿で商店街を歩くイベントが行われ、参加者はひな人形を眺めながら街歩きを楽しんでいました。

「着物を着たら、着せてもらったんですけど、それだけで幸せな気持ちになりました。」
「なかなか着る機会がないので、身が引きしまる、そんな感じですね。」

また、かや吹き屋根の旧門脇家住宅には七段などのひな飾りが、郷土資料館には筏下りのジオラマや古民具などと一緒にひな人形が展示されています。「大正浪漫ひなまつり」は今月31日までです。