KUTVニュース

「つなぐ、つながる」高知市・災害時の早期復旧支援へ協定

高知市と協定を結んだのは、埼玉県に本社を置く物流大手の丸和運輸機関の関連会社「AZ-COM丸和・支援ネットワーク」と「中四国丸和ロジスティクス」です。

高知市では南海トラフ地震が発生した場合、およそ26万人が250ほどの避難所に避難すると想定されています。このため高知市は2019年度に「物資配送計画」を策定し、国や県、ボランティアから送られてくる支援物資を拠点となる避難所に円滑に届けるための体制づくりをしています。災害時の物資の県内輸送をめぐっては、県と高知県トラック協会が協定を結んでいますが、被災状況によってはトラックやドライバーが不足します。こうしたことから全国規模の物流会社と初めて協定を結ぶことで、より実効性の高い支援が期待できます。

高知市は今後、訓練を重ね、支援体制の強化を図っていく方針です。