KUTVニュース

新たな旅立ち 高知の県立高校で卒業式

高知県内ほとんどの県立高校で卒業式が行われました。卒業生はこの一年、新型コロナに翻弄された学校生活を送りましたが、激動の時代を生き抜く決意のもと、頼もしい姿で巣立ちの日を迎えました。

県立高知小津高校では253人が卒業の日を迎えました。新型コロナ感染拡大防止のため在校生は出席せず、座席も間隔を空けて行われました。卒業生は一人一人名前が呼ばれると力強く返事をし、保護者や教諭らに晴れ姿を見せていました。そして竹﨑実校長が「これから生きていく時代は、生き方そのものがどうあるべきか問われる世の中であり、事実を正確につかみ取り、考え、行動できることが必要。」とはなむけの言葉を送りました。卒業生が過ごした3年間は平成から令和に時代が変わり、新型コロナの影響を大きく受けました。卒業生を代表し、松本真凛さんが力強く決意を述べました。

「情報が氾濫し何が正解かがすぐには分からないこの現代にそれぞれの持つカラーを全ての人が互いに尊重できる寛容な社会を築いていきたいです。」(卒業生代表)

卒業生はあたたかい拍手で送られました。

「3年生では行事とかがなくなって辛かったけど仲間と支え合って充実した3年間を送れたと思います。看護の道に進むので看護師になりたいです。」(卒業生)

県内ではきょうほとんどの県立高校で卒業式が行われました。