KUTVニュース

2月県議会開会 濵田知事「攻めに転じる」

高知県議会2月定例会が開会し、県は4635億円の来年度の当初予算案を提出しました。濵田知事は来年度の県政運営について「攻めに転じ、具体的な成果につなげたい。」と説明しました。

県は県議会2月定例会に4635億円の一般会計当初予算案を提出しました。ウィズコロナ・アフターコロナを意識した各産業でのデジタル化に加え、温室効果ガスの排出ゼロを目指す脱炭素化、持続可能な社会を目指すSDGsの取り組みの促進を進める考えです。濵田知事は今年度を、新型コロナに対応した「守りの一年」と捉えていて、新年度は社会の変化を見据え、「攻めに転じたい」と提案理由を説明しました。

「感染症対策に万全を期しつつもこれまで準備を進めてきた各施策を実行に移す年、いわば攻めに転じて具体的な成果につなげたいと考えている。ウィズコロナ、アフターコロナの時代においてキーワードとなるデジタル化などの潮流を捉えて、新たな取り組みにも果敢に挑戦し、経済の活性化を始めとする5つの基本政策と3つの横断的な政策をさらに進化させていく。」(濵田省司知事)

県議会2月定例会は来週から一般質問が行われ、来月22日に閉会する予定です。