KUTVニュース

高知南国道路 緊急避難場所など公開

今月27日、高知市と南国市を結ぶ自動車専用道路高知南国道路が全線開通します。新たに開通する区間や併設されている避難スペースなどがきょう報道陣に公開されました。

高知南国道路は、高知インターチェンジから高知龍馬空港インターチェンジまでを結ぶ自動車専用道路です。今月27日には、高知インターチェンジから高知南インターチェンジまでの6.2キロが開通し、全線開通となります。今回の開通により、国道32号など周辺道路の渋滞が緩和される見込みで、安全性や利便性の向上が期待されています。また「命の道」として防災機能も備えられています。

「道のそばには避難スペースが設けられています。津波で浸水するとされている高さよりも4mほど高い場所に作られています。」(尾﨑アナウンサー)

このほか、道路には緊急車両用の出入り口が設けられる予定で、災害時には救援物資の輸送や復旧活動に役立てられます。

「高知自動車道、高知新港、高知龍馬空港など拠点を結ぶ重要な道路。通勤通学にも使える。普段の生活から役立ててもらいたい。また命の道でもある。避難・救援・物資の輸送に役立ててもらうことを期待する。」(土佐国道事務所 平岩洋三事務所長)

高知南国道路は今月27日、午後4時に全線開通します。