KUTVニュース

土佐のおきゃく 一部中止に

新型コロナの感染状況などを考慮し、来月予定されている土佐の「おきゃく」についてイベントを一部、中止することが決まりました。

2006年に始まった土佐の「おきゃく」は新型コロナの影響で去年、初の中止に。今年は例年より期間を短縮し、来月6日から9日の4日間、開催することが決まっていました。ところが、今月に入り首都圏などでの緊急事態宣言の延長が決定したことなどを受けて、実行委員会はイベントの一部を中止することを決めました。中止となったのは高知市中心商店街などで、設けられた座敷で飲食を楽しむ「日本一の大おきゃく放浪記」など大勢の人が集まるイベントです。現時点で開催を予定しているのは「おびさんマルシェ」や「魚の棚商店街テイクアウトマルシェ」さらに、リモートでのおきゃくなどです。

「粛々と続けていかないと、せっかくここまで作り上げてきたものが無駄になるんじゃないかという思いで、ある程度規模を縮小してでも来年、再来年、5年後、10年後へ若い人たちにつなげていきたいという強い思いがあって開催することにしました。」(土佐の「おきゃく」2021推進会議 木村祐二会長)

開催予定のイベントについての詳細は土佐の「おきゃく」の公式ホームページで公開されることになっています。