KUTVニュース

新型コロナ カラオケや返杯で感染拡大か

新型コロナウイルスをめぐり、高知県内で新たに4人の感染が確認されました。カラオケや返杯で感染が広がったとみられるケースもあります。

新たに感染が確認されたのは高知市のほか中央東福祉保健所、幡多福祉保健所管内の10代から50代の男女4人です。いずれもこれまでに感染が確認されている患者の濃厚接触者で、症状は軽いということです。このうち、幡多福祉保健所管内の2人は、おととい感染確認が発表された男性と先月25日に数軒のスナックで会食をし、カラオケや返杯をする機会があったということです。

県内での感染確認は851人で、22人が医療機関に入院中。重症は4人で、酸素投与が必要な中等症は1人となっています。県は引き続き会食は4人以下、2時間以内とするなど、感染防止対策をとるよう呼びかけています。