KUTVニュース

GoToイート食事券販売再開

新型コロナの感染拡大を受け年末から停止されていたGoToイート食事券の販売が26日、再開されました。販売期間と利用できる期間もそれぞれ延長されています。

高知市の高知商工会議所では、26日朝からGoToイート食事券の販売が再開され、さっそく購入に訪れる人の姿が見られました。GoToイートの食事券をめぐっては、県内では去年11月から販売が始まりましたが、新型コロナの感染拡大を受けて、年末から販売が停止され、利用の自粛も呼びかけられていました。販売停止を受けて、当初は1月末までだった販売期間は2月末までに延長され、利用できる期間も6月末までに延長されています。また、食事券には利用期限が「3月31日まで」と印字されていますが、6月末まで利用できます。

「26日から販売再開と聞いたので買いに来た。1枚あたり100円安くなるので使った方がお得かなと思って買いに来た」(客)

(Q.26日はどのくらい買った?)「2冊(8000円分)」
(Q.どんな使い方をしたい?)「家族と一緒に食事に行くとか孫と行くとか、それくらい。年だからそれが楽しみ」(客)

県内では62億5000万円分の食事券が用意されていますが、高知商工会議所によりますと25日までに15億7000万円分が販売されているということです。

「年末年始の販売停止・利用自粛をお願いしていたので『使えなかった』『使いづらかった』という声があり『残念だった』ということは聞いている。感染症対策をした店でお互い気を配りながら『新しい生活様式』のもと利用して頂けたら」(高知商工会議所 井上沙菜子さん)

県は引き続き会食は「4人以下・2時間以内」とするよう呼びかけていて、高知商工会議所でも、これにのっとった食事券の利用を呼び掛けています。