KUTVニュース

新型コロナ 新たに3人の感染確認

新型コロナウイルスをめぐって、高知県内では新たに3人の感染が確認されました。6日続けて感染確認は1ケタ台となっていますが、県は引き続き感染防止対策をとるよう呼びかけています。

新たに感染が確認されたのは、高知市の女子高校生と男子中学生、中央東福祉保健所管内の30代女性会社員の3人です。このうち女子高校生と男子中学生はきょうだいで、出張で中部地方を訪れた父が出張先で感染が確認されたため、濃厚接触者として同居家族4人をPCR検査した結果、きょうだいの感染が確認されました。2人とも無症状で、学校ではマスクをしていた上、昼食は1人でとっていたことなどから、県は学校に濃厚接触者はいないとみています。30代女性会社員は、今月21日に痰や嗅覚障害などの症状が現れ、25日、医療機関での抗原検査で陽性が確認されました。症状は軽症で、感染経路はわかっていません。県内での感染確認は828人となり、入院が必要な人は52人、重症は1人増えて6人、酸素投与が必要な中等症は2人となっています。

なお、同じクラスの生徒5人の感染が確認され、クラスターとなっている高知南高校については生徒3人と教員2人の陰性が確認されました。これで全ての濃厚接触者の検査結果が出ましたが、県は引き続き健康観察を行うことにしています。