KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で新たに12人感染確認

新型コロナをめぐって、高知県内では新たに12人の感染が確認されました。このうち7人が、学校クラスターが発生したとされる高知中央高校の生徒で、残る5人の感染経路は不明です。

新たに感染が確認されたのは、高知市と中央東・須崎福祉保健所管内に住む10代から90代までの男女12人です。学校クラスターが発生したとされる高知中央高校をめぐっては、野球部などに所属する男子生徒7人の感染が確認され、このうち6人が部活の寮に住んでいるということです。いずれも軽症です。野球部での感染確認はこれで9人となり、学校ではこれまでに教員2人、生徒21人の感染が確認されています。このほか、高知市の60代男性と須崎福祉保健所管内の90代女性は、すでに酸素投与が必要な中等症だということです。県内での感染確認は791人となり、入院が必要な人は57人。重症患者は4人で、酸素投与が必要な中等症は5人となっています。

県は、引き続き感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。