KUTVニュース

新型コロナ 新たに4人の感染確認

新型コロナをめぐり高知県内で新たに4人の感染が確認されました。4人はいずれもこれまでに感染が確認されている患者の濃厚接触者だということです。

新たに感染が確認されたのは高知市の女子中学生と女子児童、高知中央高校の20代の男性教員、それに20代の女性会社員の4人です。4人ともすでに感染が確認されている患者の濃厚接触者で、症状は軽いということです。このうち中学生と小学生の2人は、おととい感染が確認された男子高校生の妹で、咳や痰の症状があるということです。

高知中央高校の男性教員はクラスターが発生した女子バスケットボール部の顧問の同僚だということです。これまでの感染確認を受け学校はきょうから今月22日まで臨時休校としていますが、22日の一般入試は予定通り実施するということです。

県内の感染確認は761人となり、59人が入院が必要な状態。重症患者は5人で、酸素投与が必要な中等症は2人となっています。病床の占有率はこれまでの「特別警戒」から「警戒」の数字に下がりましたが、重症・中等症の患者もいることなどから、県は、対応の目安を特別警戒で維持するとともに、引き続き感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。