KUTVニュース

新型コロナ 新たに3人の感染確認発表

新型コロナをめぐり、高知県内ではきょう新たに3人の感染確認が発表されました。このうち1人は四国銀行の男性行員ですが、勤務していた支店での濃厚接触者はいないということです。

新たに感染が確認されたのは、高知市と中央東福祉保健所管内に住む10代の高校生から40代までの男女合わせて3人で、いずれも軽症です。このうち中央東福祉保健所管内の40代女性会社員は、おととい感染が確認された男性の濃厚接触者で、今月9日に同じ場所でミーティングをしていたということです。

また、高知市の男子高校生は症状が出て以降、学校には登校していないということです。高知市の20代男性会社員は四国銀行木屋橋支店に勤務する行員で、感染経路はわかっていません。支店の他の従業員や客に濃厚接触者はおらず、従業員全員への抗原検査でも陽性者が出なかったため、現在は通常営業を行っているということです。

県内では72人が入院治療を必要としていて、5人が重症、2人が酸素投与が必要な中等症となっています。県は引き続き、感染防止対策の徹底を呼び掛けています。