KUTVニュース

県の営業時短要請解除 店主から「我慢」の声

飲食店などへの営業時間短縮要請が今月11日で終了し、高知市の中心街ではきのうから夜の通常営業を始めた店がありました。しかし街の人出は少なく、店主からは「我慢」という声が多く聞かれました。昨夜の街の様子を取材しました。

高知市の居酒屋「酔鯨亭」。きのうは開店前の昼過ぎから店主が仕込み作業にあたりました。県の営業時短要請を受けて店は先月16日から午後8時までの時短営業を開始。しかし、年末の感染拡大に歯止めはかからず、要請が延長されたことを受け、大みそかから臨時休業していました。そしてきのう、今年最初の営業日を迎えました。

「やっと店が開けられるという気持ちがあるが『また時短営業要請があるんじゃないか』と不安も重ねてある。」(酔鯨亭 髙岡孝光店長)

午後5時、今年最初の通常営業がスタート。店には、開店と同時に早速、常連客が訪れていました。

「カツオはええかい?この前食ったのは超旨かった。」(常連客)
「今日入ったのは普通の」(店員)
「それちょうだい」(常連客)

「やっと開いたか、という気持ち。そりゃ落ち着くよ、今日で2週間と少し。(店を)閉めてから。さみしかった。」(常連客)

午後8時を回っても、店には客の姿がありました。店にとってようやく迎えた2021年の“年明け”。まだ空席が目立つものの、店主は引き続き感染防止対策をとりながら通常営業を行う方針です。

「今日からまた『新しい年の始まり』ということで、常連のお客さんが新年の挨拶を兼ねて来て頂いて非常にありがたい。とにかく早く『正常』を願うだけ。こればかりはもう、少し気の長い話になるが辛抱強く頑張っていきたい。」(酔鯨亭 髙岡孝光店長)

「夜になりました。平日ではありますが、時短要請が解除されても人通りはこのとおり。閑散としています。」(京面アナウンサー)

夜の通常営業を始めた店がある一方、中心市街地の人通りはまばらです。

「時刻は午後9時を回りました。飲食店が立ち並ぶ通称・柳町に来ています。お店の看板の灯りが消えていて、通りが暗いです。通常営業していない店が多いですね。」 (京面アナウンサー)

こちらのバーも、きのうから通常営業を再開しました。

「例年12月は書き入れ時で、1年間の売り上げの2割は1か月で稼いでいたが(時短)要請があったら、それに合わせるということで春(の時短要請)の時もやってきたので要請に応じる形で…」(Cafe&Bar SHELTER 堅田佳嗣さん)

店は県から営業時短要請があった先月16日以降、6日間しか営業せず、それ以外の日は全て臨時休業にしました。こちらもきのうが今年最初の通常営業日。早速、常連客が訪れていました。臨時休業していた期間が長かったため、去年12月の売り上げは例年に比べて9割以上減少。昨夜も店には空席が目立ち、忘年会・新年会で夜遅くまで賑わっていた一年前とは全く違います。店主は不安を抱えながらも今後しばらくは朝4時までの通常営業を続ける方針です。

「高知はいち早く『時短』が解除されたものの気が抜けない状況。全国各地で緊急事態宣言を要請する知事がいる中、テレビでは連日『自宅で』ということで、(店を)開けてても全然(客が)戻って来る様子は感じないが、そこは我慢してやっていくしかないと思っている。」(Cafe&Bar SHELTER 堅田佳嗣さん)

営業時短要請は終了しましたが、街の人出や飲食店の客は依然として少なく賑わいを取り戻すまでにはしばらく時間がかかりそうです。