KUTVニュース

名作絵本の原画を展示 高知・香美市

「マッチうりのしょうじょ」や「あかずきん」などなじみのある絵本作品の原画展が「やなせたかし記念館」の詩とメルヘン絵本館で開かれています。

「ひきだしのなかの名作」展と題し開かれている原画展。世界の名作絵本6作品の原画と製作過程が分かるイメージスケッチが展示されています。こちらは「マッチうりのしょうじょ」のイメージスケッチです。アクリル絵の具で色を付けると物悲しさを感じさせる少女に変化します。スロバキア民話の「12つきのおくりもの」は色鉛筆を使い繊細なタッチで描かれています。

「ひきだしのなかの名作展」は香美市の「やなせたかし記念館」詩とメルヘン絵本館で3月21日まで開かれています。また、4月17日からは「オズのまほうつかい」や「ジャックとまめのき」など6作品が展示される予定です。