KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で新たに7人感染確認・1人死亡

新型コロナウイルスをめぐって、高知県内では新たに7人の感染が確認されました。また、入院中だった患者1人が脳梗塞で死亡しました。

新たに感染が確認されたのは高知市の60代女性職員1人を含む20代から80代までの男女7人です。このうち6人が高知市在住で、1人は香川県から帰省していました。症状の程度は20代から70代までの6人が軽症、80代の女性が酸素投与が必要な中等症だということです。また、7人中6人については一部、家族内での感染の可能性があるものの、感染経路は「不明」です。新たに死亡が発表されたのは高知市在住の60代の男性です。男性は先月21日に濃厚接触者としてPCR検査を行い陽性が判明しましたが、無症状だったことや本人の希望から自宅で待機していました。その後、咳などの症状が出て先月26日に入院。今年に入ってからPCR検査で陰性が確認されましたが、退院前に脳梗塞を発症しきのう午後亡くなりました。県は「直接的な死因は脳梗塞だが、新型コロナとの関与が一定あると推測される」としています。新型コロナをめぐる県内の死者はこれで10人となりました。感染確認は合わせて696人となり、入院が必要な患者は82人、重症患者は5人、中等症患者は13人です。

新型コロナをめぐってはあさって7日に東京都など1都3県に緊急事態宣言が出される見通しで、全国的に感染拡大に歯止めがかからない状況です。