KUTVニュース

土佐くろしお鉄道 過去最大7億円あまりの赤字見込みに

土佐くろしお鉄道の今年度の収益が7億円あまりの赤字と見込まれることが、取締役会で報告されました。新型コロナに伴う移動の自粛が大きな背景で、過去最大の赤字額となりそうです。

土佐くろしお鉄道は取締役会で今年4月から10月までの利用実績などを報告しました。運輸収入は中村・宿毛線が前年に比べ51.1%、ごめん・なはり線は前年に比べ72.9%となっています。4月、5月の緊急事態宣言や、臨時休校などの影響が大きく、新型コロナの影響を大きく受けた形です。GoToトラベルが始まってからは回復傾向にはありましたが、利用客全体は去年を大きく下回りました。このため、今年度の経常損益は7億円あまりと過去最大の赤字と見込まれています。

ところで土佐くろしお鉄道は来年3月13日、ごめん・なはり線に新しく「あき総合病院前駅」を開業する予定です。通勤、通院に伴う利便性の向上が見込まれていて、ごめん・なはり線では、開業以来初めての新駅となります。